イトヒバ

Chamaecyparis obtusa. ' Pendula' ヒノキ科

池坊

使用量 池坊ではほとんど使用しない 

小原流

この流派でよく使う種類 チャボヒバ、孔雀ヒバ 
使用量 (少ない) 
使用時期(お稽古) 通年 普段の稽古でほとんど使わない 
使用時期(試験) 通年 
特徴 イトヒバはコノテガシワの栽培品種。サワラの園芸品種。ヒバというと一般的にはヒノキやサワラ、アスナロなど平べったい鱗のような葉を持つ針葉樹のことを指す。チャボヒバは枝のボリュームを生かし大きめの作品に使うと良い。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (少ない) 
使用時期(お稽古) めったに使用しない 
特徴 細い葉があり、省略などが難しい。花展には使用あり。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先/担当 備考
丸岡園芸 岡崎久雄  茨城県潮来町  03-3799-5526/(市場)FAJ  切花部  少量 
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
itohiba.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 23.2 MB