イブキ

Juniperus chinensis ヒノキ科   

池坊

この流派でよく使う種類 カイヅカイブキ 
使用量 (中程度) 1 / 2 が年に一度は使用する 
使用時期(お稽古) 通年 
本数 お稽古で一人あたり3本で使用することが多い 
葉、枝 60cm位 
特徴 「立花」のお稽古でこれほど重要な花材はない。「松・桧・伊吹」は池坊では華道の三木といい、とても重要である。 

小原流

この流派でよく使う種類 シンパク、ハイビャクシン、タイワントショウ、トショウ 和名:ビャクシン(柏槇) 
使用量 (少ない) 花展など大きめの作品に使うなどする 
使用時期(お稽古) 中部から関西では稽古花にも使用するが、関東方面はほとんど使わない 
使用時期(試験) 通年
本数 2~3本 
葉、枝 稽古用では50~70cmを2~3本使用。大いけでは100cm以上を使用 
特徴 動きのある枝ぶりを生かして使う。ためも効くので形を整えやすい。枝をあまり短くすると花材の特徴が弱くなるので、やや大きめの作品に仕上げるとよい。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (多い) 
使用時期(お稽古) :立華の一部分に使用する 生花も使用 
本数 8本 通年 
葉、枝 :立華 3本 50~60cm 生花では9本 90cm 

生産者情報

産地名 地域 連絡先/担当 備考
澤口靖  静岡県浜松市  03-3799-5526/(市場)FAJ  切花部  1~12月 
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
ibuki.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 20.7 MB