エニシダ

Cytisus scoparius マメ科

池坊

この流派でよく使う種類 黄花、白花 
使用量 (多い) 全員が年に  2  度以上はお稽古で使用する 
使用時期(お稽古) 流通時期 
本数 お稽古で一人あたり、5 〜 7 本で使用することが多い 
葉、枝 80cm 位 
花の時期には一種類で「生花」でいけられるが、特段花にこだわらず使用されている 

小原流

この流派でよく使う種類 石化エニシダ 
使用量 (中程度) 中級以下のお稽古花材としてよく用いる 
使用時期(お稽古) 通年 
使用時期(試験) 通年 
本数 初級で 3 本、中級で 5 本使うことが多い 
葉、枝 石化の部分の面白いものを好む、1m   程の長さ 
花のエニシダはあまり使用しない 
特徴 花のエニシダは、花意匠や花展でいけるくらい。お稽古、研究会では石化エニシダを用いることが多い。

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

この流派でよく使う種類 :石化エニシダ 
使用量 (多い) :3/5 クラス年 1 回 :3/5 クラス年 2 回 
使用時期(お稽古) 8 〜 11 月 
使用時期(試験) 8 〜 11 月  
本数 :4 〜 6 本 :10 本 
葉、枝 70 〜 90 ㎝ 
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
enishida.pdf
PDFファイル 72.3 MB