エノコログサ

Setaria viridis イネ科   別名:エノコロソウ、ネコジャラシ

池坊

使用量 (少ない) 必ずお稽古で使用する花材とは言えないが、1/4  程度は年に  1  度お稽古で使用する 
使用時期(お稽古) 8 〜 10 月に使用することが多い 
本数 お稽古で一人あたり、5   本程で使用することが多い 
葉、枝 50 〜 70cm 
特徴 初秋の風を感じる花材。葉先は切らずに出荷して欲しい。

小原流

この流派でよく使う種類 ネコジャラシ 
使用量 (中程度) 年に 1 度位 
使用時期(お稽古) 9 〜 10 月 頃 
本数 3 〜 5 本  
30 〜 40cm 
特徴 コスモスなどと一緒に生ける。季節を感じる花材なので、1 年に1度は使いたいと思う花材。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

この流派でよく使う種類  エノコログサ、ネコジャラシ 
使用量 (少ない) 1/5  のクラス 年一回程度 
使用時期(お稽古) 6〜8月 
本数 5〜7本 
40〜60㎝ 
特徴 茎が細いため、ケンザン使用で手間取る。漂白のものは通年で取り合わせの一部として使用。花展作品では大量に使用される(自己採取が多い) 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 備考
浅野昭夫 茨城県水戸市 03-3799-5526 (市場)FAJ切花部 8-10月
ダウンロード
このページのダウンロード画面です
このページがPDFでダウンロード可能です。
enokorogusa.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 214.5 KB