カンガルーポー

Anigozanthos flavidus     ハエモドルム科   

池坊

この流派でよく使う種類 (少ない) 
特徴 お稽古で使用することはほぼ無い。 

小原流

この流派でよく使う種類 カンガルーポー 
使用量

(中程度)

使用時期(お稽古) 通年 
使用時期(試験) 通年 
本数 お稽古では一人あたり、3 〜 5 本使うことが多い 
特徴 小原流では、花意匠という表現形式でよく用いる花材。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (少ない) 2/5 クラス年 1 回 
使用時期(お稽古) 通年 
使用時期(試験) 通年 
本数 :3 〜 4 本  
葉、枝 40 〜 50 ㎝ 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 URL など
JA おきなわ  沖縄県東村など  098-862-7511  元島 ( もしくはその日の葉物配荷担当)  Facebook
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
kangarupo.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 557.4 KB