キイチゴ

Rubus spp. バ ラ 科  

池坊

使用量 (多い) 全員が年に一度以上は使用する 
使用時期(お稽古) 流通時期。3 〜 11 月 
本数 お稽古で一人あたり、3 〜 7 本で使用することが多い 
葉、枝 80cm 位 
特徴  春先の新芽の時から、秋の紅葉まで長い期間使用する。真っ直ぐなもの。ジグザグなもの。枝分かれしたもの、どれも趣深い。

小原流

この流派でよく使う種類 キイチゴ 
使用量 (多い) 通年使用する花材で、季節により違う状態で用いるので、どこかでは手にすることの多い花材 
使用時期(お稽古) 通年 ただし季節により違う状態で用いる 
使用時期(試験) 通年 ただし季節により違う状態で用いる
本数 初級で 3 本、中級以上で 5 本使うことが多い 
葉、枝 芽出しから紅葉まで、季節を追って用いる 
葉を愛でて、花はあまり使用しない 
特徴 小原流では、写景様式で芽出し木苺が定められている。この場合は、芽出しのかたいもの、小さく開いた葉を用いる。50cm 程の枝が 5 本必要。様式以外でも、大きい緑の葉の時期、紅葉の時期に季節感のある花材として欠かすことのできない花材。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (中程度) 3/5 クラス年 2 回 
使用時期(お稽古) 通年 
使用時期(試験) 通年
本数 4 〜 5 本  
葉、枝 60 〜 70 ㎝ 
特徴 :花型の稽古に多く使われる。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 備考
大江健一 北海道樺戸郡月形町     8-10月
笹沼園芸 笹沼正 栃木県那須郡那珂川町 0287-93-0755   3月
黒沢屋 黒沢充雄 埼玉県秩父郡小鹿野町      
酒井園芸・酒井規之  千葉県印西市  03-3799-5526  市場)FAJ 切花部   
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
kiichigo.pdf
PDFファイル 10.4 MB