クジャクヒバ

Chamaecyparis obtusa ヒ ノ キ 科

池坊

使用量 (少ない)全生徒の 1/4 ほどが使用する 
特徴 クジャクヒバでなくてはいけないという事はない。

小原流

この流派でよく使う種類

(中程度)

使用量 年 1 回位 クリスマス用 お正月用 
使用時期(お稽古) 決まっていないが、クリスマスやお正月にも使う 
本数 最低 3 本  
葉、枝 50 〜 70cm 
特徴 写景様式の遠景に使う。鎮守の森のイメージで使う。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (中程度) :2/5 クラス年 2 回 
使用時期(お稽古) 通年 
使用時期(試験) 通年
本数 9 〜 10 本 
葉、枝 70 〜 90 ㎝ 
特徴 :生花の基本稽古に欠かせない。立華の一部に使う。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 備考
和出徳治 静岡県浜松市      
山本宗一郎 静岡県浜松市 03-3799-5526  (市場)FAJ切花部 9-12月
松程 義夫 静岡県浜松市      
松本好史 静岡県浜松市     11-12月
大槻森雄 茨城県石岡市 03-3799-5526 (市場)FAJ切花部 黄金クジャクヒバ/11-3月
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
kujyakuhiba.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 66.5 MB