クリ

Castanea spp. ブナ科

池坊

使用量 (少ない) 
特徴 秋の表現として、自由花で使用することがあるが頻度は低い。水揚げが悪い。 

小原流

この流派でよく使う種類 シバクリ 
使用量 (中程度) 中級のお稽古で用いる実物 
使用時期(お稽古) 9 〜 10 月 
使用時期(試験) 9 〜 10 月 
本数 お稽古では 1 人あたり、3 〜 5 本使うことが多い 
葉、枝 1m  程の枝で、枝分かれが多ければ  3  本 まだ青い丸いイガの実をいける 
花の時期は用いない 
特徴 中級のお稽古で、初めての実ものという役割の花材 お稽古研究会では、シバクリを用いるが。花展では丹波栗のような大きい実も用いる。

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (少ない) 1/5 クラス年 1 回 
使用時期(試験) 秋 
本数 任意 
特徴 :テーマによる研究会(試験)に使われる。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 備考
中山町栗生産組合 中岡進 愛媛県伊予市 03-3799-5526 (市場)FAJ切花部  
北見一男 千葉県南房総市     9-10月
黒沢屋 黒沢充雄 埼玉県秩父郡小鹿野町      
丸岡園芸 岡崎久雄 茨城県潮来町 03-3799-5526 (市場)FAJ切花部 少量
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
kuri.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 86.0 MB