グロリオサ

Gloriosa superba  イヌサフラン科

池坊

この流派でよく使う種類 グロリオサ、ルテア、ピンク 
使用量 (多い) 年に  1  度以上はお稽古で使用している 
使用時期(お稽古) 通年 
本数 お稽古で一人あたり、1、2本で使用していることが多い 
葉、枝 葉先を切らずに出荷して欲しい 
80 〜 100cm 
特徴 花茎が自立するものがあると、使用範囲が広がる。自立しないものは「生花」では使えない。 

小原流

使用量 (中程度) 中級以上で年に 1、2 回 
使用時期(お稽古) 決まっていない 
本数 1 〜 2 本 
長めのものが使いやすい 
特徴 上級者でよく使われる花材。色々な色を使うが、圧倒的に赤が多い。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

 

使用量 (多い) 1/5  のクラス ほぼ通年 
使用時期(お稽古) 通年 
使用時期(試験) 花材指定のクラスでは使用しない。花材自由のクラスではほぼ通年して使用されている 
本数 2〜3本 
60 〜 100cm 
特徴 :花展、撮影作品では多用される。研究会花材として使用していない。 
ダウンロード
このページのダウンロード画面です
このページがPDFでダウンロード可能です。
guroriosa.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 166.7 KB