コウホネ

Nuphar japonicum スイレン科

池坊

使用量 (中程度) 1/4 が年に 1 度はお稽古で使用する 
使用時期(お稽古) 7 〜 8 月 頃 
本数 お稽古で一人あたり、花 2 本葉 5 本で使用することが多い 
葉、枝 50cm 位 
50cm 位
特徴 夏の水辺の涼感を表すため、ポンプで水揚げをして使用する。水の蒸散を防ぐため、ワセリンなどを葉の裏表に塗布する。もっと多く流通するなら、より多く使用したい。 

小原流

使用量 (中程度) 中級以上で年に 1 度から 2 度 
使用時期(お稽古) 7 〜 9 月 
使用時期(試験) 夏は中級以上で  1  度使われるが、秋口は上級者のみ
本数 花 2、葉 8 巻き葉 2 で使うことが多い 
葉、枝 秋口花が実になって使うこともある 
特徴 流の決まりの花型があるので、年に  1  度は中級以上で生けられる。ポンプを使って水あげをして生ける。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (少ない) 1/5  のクラス年1回、又は以下 
使用時期(お稽古) 7月 
使用時期(試験) 7月 
本数 花2  葉9〜12 
葉、枝 葉:巻葉15〜20㎝  開葉:30〜40㎝ 
20〜30㎝
特徴

:時期が短く、稽古もできない年も増えている。

3/  5のクラス程度は使用したい花材。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 URL など
杜若園芸  京都府城陽市  0774-55-7977    HP 
有限会社沖縄北部花卉園芸組合  沖縄県国頭郡金武町  03-3799-5526  市場)FAJ 切花部   
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
kouhone.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 36.8 MB