シュウカイドウ

Begonia grandis シュウカイドウ科

池坊

使用量 (少ない) お稽古で使用することはほとんどない 
使用時期(お稽古) 8 〜 10 月 
本数 お稽古で一人あたり、3 〜 5 本で使用することが多い 
葉、枝 葉がとても重要 
40 〜 70cm 
特徴 流通にのることはほとんどないが、手に入るのならば「生花」や「自由花」で使いたい。 

小原流

この流派でよく使う種類 秋海棠 ヨウラクソウ(瓔珞草) 
使用量 (少ない) 上級者クラス(2 級以上)秋に 1 回ぐらい。 
本数 2 〜 3 本で使用 
葉、枝 実寸で元から 30 〜 40cm 葉は下の方以外はそのまま 
特徴 教室のお稽古で又は花展などで秋草と一緒に使用(ススキ、ワレモコウ、リンドウ、オミナエシ、カルカヤ、ムベ、アケビ、マンサク、ナツハゼ)。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (少ない) :1/5 クラス年 1 回 
使用時期(お稽古) 9 〜 10 月  
20 〜 30㎝ 
特徴 テーマによる研究会(試験)で稀に使われる。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当
盆樹果園 伊藤新一 群馬県甘楽郡南牧村 03-3799-5526 (市場)FAJ切花部
ダウンロード
このページのダウンロード画面です
このページがPDFでダウンロード可能です。
shuukaidou.pdf
PDFファイル 536.1 KB