スイレン

Nymphaea spp.  スイレン科

池坊

使用量 (少ない) お稽古で使用することはほぼ無い 
使用時期(お稽古) 使用するとすれば夏 
特徴 水揚げや開花時間に問題があり、いけばなでは使用していない。 

小原流

この流派でよく使う種類 (温帯)睡蓮、熱帯睡蓮、ヒツジグサ 
使用量 (中程度) 花 1 葉(浮葉 3 流し葉 2 巻葉 1)〜中級以上で年 1 回は使用 
使用時期(お稽古) 6 〜 9 月  
使用時期(試験) 6 〜 8 月 
本数 花 1 〜 2 本 花のみで使用することはあまりない 
葉、枝 温帯睡蓮においては花 1 葉(浮葉 3 流し葉 2 巻葉 1)を 1 株と、1 〜 2 株を使用 
温帯睡蓮は開花時にあまり大きい必要はない。直径で 7 〜 8cm 以下
特徴

水生植物(カキツバタ、コウホネ、フトイ、ガマ、ヨシ)と一緒に使用することが多い 。

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (少ない)  1/5 クラス年 1 回 写真撮影 
使用時期(お稽古) 5 〜 8 月  
使用時期(試験) 5 〜 8 月  
特徴

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 URL など
杜若園芸  京都府城陽市  0774-55-7977    HP
有限会社沖縄北部花卉園芸組合  沖縄県国頭郡金武町  03-3799-5526  市場)FAJ 切花部   
グリーンファーム屋嘉  沖縄県国頭郡金武町  098-965-3378  仲地 研   
ダウンロード
このページのダウンロード画面です
このページがPDFでダウンロード可能です。
suiren.pdf
PDFファイル 35.6 MB