ツルウメモドキ

Celastrus orbiculatus ニシキギ科

池坊

使用量 (多い) ほぼ全員が年に 1 度は使用する 
使用時期(お稽古) 流通時期。9 〜 11 月 
本数 お稽古で一人あたり、1 〜 5 本で使用することが多い 
特徴 乾燥させ実をはぜさせてから使用する。乾燥させることで、ためが効き、姿を作ることができる。 

小原流

この流派でよく使う種類 ツルウメモドキ 
使用量 (中程度) 1/4 の割合で年 1 〜 2 回 
使用時期(お稽古) 7 〜 11 月  
使用時期(試験) 実がついた状態で葉を落として使う 
本数 2 〜 3 本  
葉、枝 葉はほとんど落とし、枝 100 〜 130cm の長さで 
不要 
特徴 緑の実の時期〜赤くはぜてくる時期に使い、常緑又は落葉樹と合わせて使ったり、観葉植物と合わせたり、和洋どちらにも対応できる。

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

 

使用量 (中程度)  1/5 クラス年 3 回  1/5 クラス年 2 回 立華 花展 
使用時期(試験) 7 〜 11 月  
本数 , 任意  , 役枝の一部として使用のため数本 
葉、枝 70 〜 90㎝ 花展では 2 〜 3 m 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 URLなど 備考
赤沼 沼口良雄 埼玉県川口市        
小林俊夫 茨城県北茨城市        
鈴木恒雄 茨城県かすみがうら市       9-11月
黒沢屋 黒沢充雄 埼玉県秩父郡小鹿野町        
大峰園芸 大峰渉 茨城県笠間市 03-3799-5526 (市場)FAJ切花部

Facebook

8-10月
JA ながの みゆき地区 長野県飯山市  03-3799-5526  (市場)FAJ切花部    
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
tsuruumemodoki.pdf
PDFファイル 10.7 MB