ナツハゼ

Vaccinium oldhamii ツツジ科 別名:ゴンスケ、コンスケハゼ

池坊

使用量 (多い) 金額が安くなれば、全員が数度使うことができる。 
本数 お稽古で一人あたり、3 〜 5 本で使用することが多い。 
葉、枝 60 〜 80cm 位 。 
特徴 新緑の頃から、紅葉までの長期間使用する。「立花」「生花」「自由花」とすべての花形で使用する。 

小原流

この流派でよく使う種類 夏ハゼ、本夏ハゼ、スノキ、ゴスケハゼ、ホンナツハゼ 
使用量 (多い) 1/2 の生徒が年 2 〜 5 回 
使用時期(お稽古) 春〜秋 夏、秋に多く使う 
使用時期(試験) 4 〜 10 月  
本数 3 〜 4 本  
葉、枝 90 〜 100cm 
花の時期ではなく青葉の時期か葉が色づき出すかの時期 
特徴 枝がつくり易く、葉の繁り具合が美しい。花が多くついてたり、実が付き過ぎてるときは整理して使う。ゴンスケと本ナツとは葉の大きさもボリュームもかなり違うので枝葉の整理も違える。季節美、色彩美どちらも可。

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (中程度) :2/5 クラス年 1 回 :1/5 クラス年 2 回 立華  
使用時期(お稽古) 4 〜 10 月  
使用時期(試験) 4 〜 10 月  
本数 :3 〜 4 本 :5 〜 7 本  
葉、枝 60 〜 70㎝ 
特徴 新緑、紅葉共に使われる。 

生産者情報 

産地名 地域
黒沢屋 黒沢充雄 埼玉県秩父郡小鹿野町
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
natsuhaze.pdf
PDFファイル 17.2 MB