ナデシコ

Dianthus superbus var. longicalycinus ナデシコ科

 

*以下はカワラナデシコについての表記になります。

池坊

使用量 (中程度) 年に一度はお稽古で使用する 
使用時期(お稽古) 5 〜 9 月 
本数 お稽古で一人あたり、3   本で使用することが多い 
50 〜 60cm 
特徴 葉に力がないため一種ではいけにくい 

小原流

使用量 (中程度) 年に 1、2 回 
使用時期(お稽古) 夏頃 
使用時期(試験) 7  月、8  月は必ず使う(特に上級クラス) 
本数 2、3 本 
葉、枝 45 〜 60cm 位 
なるべく自然の雰囲気のもの 
特徴 流の決まりの花に入っているので、夏は必ず使う。代用でカーネーションナデシコも使うが、カワラナデシコが雰囲気があり、好ましい。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 古:(中程度) 立華の部分に使用 自:(少ない)
使用時期(お稽古) 7〜10月 
使用時期(試験) 7〜10月 
本数 2〜3本 
:30㎝     :30〜40㎝ 
特徴 立華の部分に1〜2本使用するがスプレーカーネで代用する事が多い。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 備考
酒井園芸・酒井規之  千葉県印西市  03-3799-5526  市場)FAJ 切花部  カワラナデシコ
ダウンロード
このページのダウンロード画面です
このページがPDFでダウンロード可能です。
nadeshiko.pdf
PDFファイル 539.0 KB