ニワナナカマド

Sorbaria kirilowii バラ科 別名:チンシバイ

池坊

使用量 (少ない)  
使用時期(お稽古) 花の咲くごく短い時期のみ、使用する 
特徴 お稽古で使用することはほぼ無い。 

小原流

この流派でよく使う種類 ホサキナナカマド 別名チンシバイ 
使用量 (多い) 2 〜 3 回 
使用時期(お稽古) 6 〜 8 月  
使用時期(試験) 6 〜 8 月  
本数 3 〜 4 本  
葉、枝 80 〜 110cm 位 
蕾がある状態から咲き始めたもの
特徴 咲き始めで蕾が白く上がっている頃が最も美しい。蕾だけの時は水が下がり、すぐ黒くなって使いたくない。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (中程度) :1/5 クラス年 1 回 :2/5 クラス年 1 回  写真撮影  花展 
使用時期(お稽古) :4 〜 5 月 
使用時期(試験) :4 〜 10 月  
本数 :任意 :約 8 本 
葉、枝 70 〜 80 ㎝ 
特徴 春の新緑、秋の紅葉として楽しめる 

生産者情報

産地名 地域
黒沢屋 黒沢充雄 埼玉県秩父郡小鹿野町
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
niwananakamado.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 552.2 KB