ハゲイトウ

 Amaranthus tricolor ヒユ科

池坊

使用量 (少ない) 
使用時期(お稽古) 稽古で使うことはない 
特徴 水揚げが悪いため、稽古・花展で使用されることはない。写真撮影などで見る程度。 

小原流

この流派でよく使う種類 雁来紅 
使用量 (少ない) 展覧会での使用のなので量的には少ない 
使用時期(お稽古) お稽古ではほぼ使用しない 
使用時期(試験) 研究会花材には取り上げられない 
本数 大きいものなら展覧会の作品で 1 作 1 〜 2 本 小さいもので 1 作に 3 本使用 
70cm 程 小ぶりの鉢物 20 〜 30cm のものも使用 
特徴 秋の展覧会に  1  〜  2  作の使用。特別なもの、希少花材なイメージで、水揚げも困難で、価格的にもお稽古花材にはできない。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (少ない) :1/5 クラス年 1 回 写真撮影 花展 
使用時期(試験) 7 〜 10 月  
本数 任意 
特徴

テーマによる研究会(試験)に使われる。

水揚げが難しい。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当

JA ながの みゆき地区

長野県飯山市  03-3799-5526  市場)FAJ 切花部 
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
hageitou.pdf
PDFファイル 543.1 KB