ハス

Nelumbo nucifera ハス科

池坊

使用量

(中程度)

使用時期(お稽古) 流通時期。7 〜 8 月 
本数 一種類で「立花」をいけるとすれば  20  本以上使用する 
葉、枝 巻葉、開き葉、朽ち葉と全てを使用する 
つぼみ・開花・実と全てを使用する
特徴 「立花」「生花」「自由花」とも季節の表現に欠かせないが、水揚げや流通の事情で、稽古ができない年もある。 

小原流

使用量 (中程度) 使用量は多くないが、重要な花材 
使用時期(お稽古) 7 〜 8 月 枯葉実は 9 〜 11 月  
使用時期(試験) 7 〜 8 月 枯葉実は 9 〜 11 月  
本数 表現により使用本数は異なる 
葉、枝 長さ大きさには変化が必要 
花 1 本に対し巻き葉 1 本必要
特徴 花、葉、巻葉、実(蓮台)、半枯れの葉、枯葉を使う。ポンプで水を注入して水揚げを行う使用量は多くはないが、小原流では写景、琳派調、文人調に欠かすことのできない伝花材。小原流に限らずいけばなとって、紀元とも言える供花に通じる大変需要な花材である。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

この流派でよく使う種類  
使用量 (少ない) :1/5  クラス年  1  回 :写真撮影     花展 
使用時期(試験) 夏期 枯物は通年 
本数 :任意 :葉 3 本 , 巻葉 4 本 , 花 2 本 , 実 1 本  
葉、枝 :任意 :50 〜 80㎝ 
:50 〜 70㎝ 
特徴

:巻葉の中にも半開き、朽ちた葉等が使われる。 

:テーマによる研究会(試験)に使われる。(生  ,  枯)水揚げが難しい。

生産者情報

産地名 地域 連絡先 URL など
杜若園芸  京都府城陽市  0774-55-7977  HP
ダウンロード
このページがPDFでダウンロード可能です
hasu.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 43.7 MB