パンジー

Viola × wittrockiana スミレ科

池坊

この流派でよく使う種類 パンジー、ビオラ 
使用量 (中程度)1/3 は年に 1 度お稽古で使用する 
使用時期(お稽古) 1 〜 3 月  
本数 お稽古で一人あたり、3   本で使用することが多い 
20 〜 30cm 
特徴 八重のものより、一重のものが好ましい。茎が長くなり使いやすくなった。 

小原流

この流派でよく使う種類 パンジー、ビオラ 
使用量 (少ない) 5 〜 10 本 全クラス 1 回 
使用時期(お稽古) 3 〜 4 月  
使用時期(試験) 3 〜 4 月  
本数 5 〜 10 本 
葉、枝 10cm 前 後 
3 〜 4cm 位 ビオラについては 3cm 以下
特徴 単独で使うよりはマッスにして花の向きを整えて使うと面白い。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量

(少ない)

使用時期(お稽古) 1/5 クラス年 1 回以下 
使用時期(試験) 春 
特徴 :花茎が短いので使いづらい。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当
松本農園 松本文雄 千葉県君津市    
ダウンロード
このページがPDFでダウンロード可能です
pansy.pdf
PDFファイル 65.4 MB