ヒイラギナンテン

Berberis japonica   メギ科

池坊

使用量 (少ない) 1 / 4 の生徒が年に1回程度使用する 
本数 2~3本 
60~80cm 

小原流

この流派でよく使う種類 ヒイラギナンテン、ホソバヒイラギナンテン
使用量 (少ない) 年1~2回 3本程度 
使用時期(お稽古) 周年出回っているが、秋~春先 
使用時期(試験) 黄色い花の咲く春にはあまり使わなくなる
本数 2~3本 
葉、枝 80~90cm前後 
特徴 稽古には細葉柊南天を使用。柊南天はヒイラギに似た小葉が羽根状に並んでついている葉を枝の上方で四方に広げている姿をそのまま生かして用いる。細葉ヒイラギ南天は枝ぶりの面白さを生かし、ためが効きやすいので形を整えやすい。和洋どちらにも向く花材。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 :(中程度)  
使用時期(お稽古) 通年 3月~5月 
本数 2~3本 
葉、枝 枝の太さ1~1.5cm、長さ90cm 
特徴 :古典華に使用される。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先/担当 備考
笹沼園芸 笹沼正  栃木県那須郡那珂川町  0287 -93 -0755  葉をしめて、9~12月出荷 
鈴木恒雄  茨城県かすみがうら市    10~12月 
黒沢屋 黒沢充雄  埼玉県秩父郡小鹿野町     

南牧村花卉生産組合

(JA甘楽富岡) 

群馬県甘楽郡南牧村 

03 -3799 -5526 

(市場)FAJ  切花部

9~10月 
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
hiiraginanten.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 22.3 MB