ヒカゲノカズラ

Lycopodium clavatum     ヒカゲノカズラ科

※流派別の使用方法はマンネンスギ(タチヒカゲ)を含む

池坊

この流派でよく使う種類 タチヒカゲ、ヒカゲノカズラ、日陰蔓、日陰、万年杉 
使用量 少ない 
特徴 個々が好みで自由花に使用することはあるかもしれないが、頻度は低いと思われる。 

小原流

この流派でよく使う種類 日陰蔓、立日陰、万年杉 
使用量 多い 中級以上は年 1 回は必ず使用 
使用時期(お稽古) 通年 7 〜 8 月は少ない 
使用時期(試験) 通年 7 〜 8 月は少ない 
本数 季節で  1  杯に使う量が変わる。冬は多く、夏は少ない 
特徴 小原流の写景の下草として使用。欠かすことのできない花材です。立日陰は、葉の長さが 5 〜 7cm 程の柔らかいものを好みます。扇型に広がった葉を重ね丸く束ねて敷き詰めます。大きさ長さ質感が揃うことが望ましい。日陰蔓は大中小と長さを変え重ねて敷いていきます。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 URL など 備考
株式会社日野洋ラン園  鹿児島県薩摩郡さつま町  0996-31-6006  池田 HP 販売はお近くの市場、生花店を紹介します 
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
hikagenokazura.pdf
PDFファイル 18.2 MB