ヒノキ

Chamaecyparis obtusa  ヒノキ科

池坊

使用量 (中程度) 1 / 2 が年に一度は使用する 
使用時期(お稽古) 通年 
使用時期(試験) 無し
本数 お稽古で一人あたり、2本程度使用することが多い 
80cm位 
特徴 松、伊吹とともに桧は華道三木として重要な花材である。特に「立花」のお稽古で重要な花材である。 

小原流

使用量 (少ない) ほとんど使わない 
特徴 ヒノキの園芸種は多い。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

この流派でよく使う種類 別名 ヒバ
使用量 (少ない) :立華、生花では使用が多い  
使用時期(お稽古) 通年 
使用時期(試験) 通年
本数 3~5本 
葉、枝 枝の太さ1~1.  5cm、長さ90cm 
特徴 :立華では枝の一部を使用する。生花では全体を使用する。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先/担当 備考
黒沢屋 黒沢充雄  埼玉県秩父郡小鹿野町     
丸岡園芸 岡崎久雄  茨城県潮来町 

03 -3799 -5526

(市場)FAJ  切花部

 
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
hinoki.pdf
PDFファイル 554.3 KB