ベニスモモ

Prunus cerasifera var. atropurpurea バラ科

池坊

使用量 (少ない) 1 / 2 が年に1、2回使う 
使用時期(お稽古) 2~4月 
本数 1~5本で使う 
葉、枝 80~100cm 

小原流

この流派でよく使う種類 ベニスモモ 別名:ベニバスモモ、アカバザクラ
使用量 (多い) 年1~3回、切り枝で1回3~4本 
使用時期(お稽古) 開花4~5月 出回:4~9月 
使用時期(試験) 開花期は出回りが少なく、葉色の美しい6~9月に使う
本数 2~4本程度 
葉、枝 90~100cm前後の枝 
開花期 90cm前後の枝で2~4本
特徴 葉の色が濃紅色で他には見られない美しさがあり、よく使われる。花時の枝より、葉の美しい時に多く用いる。枝の立ち上がりも良く単調ではあるが美しい。あまり枝はためられない。対照的な色彩の花材を組み亜合わせ葉の色を強調するのも美しい。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (多い) 生花にて3回は使う 
使用時期(お稽古) 3月~5月 
本数 10本 
葉、枝 10本 
枝の太さ1cm程度、長さ90cm以上
特徴 葉の大きなのは使用がむずかしい。一度葉を落とした後、二番目に出てくる小さな葉が良い。 

生産者情報

産地名 地域
黒沢屋 黒沢充雄  埼玉県秩父郡小鹿野町 
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
benisumomo.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 554.6 KB