ホオノキ

Magnolia obovata モクレン科

池坊

使用量 (少ない) 使わない 
特徴 オオヤマレンゲなども稽古としては使わない。 

小原流

この流派でよく使う種類 ホオノキ、ホオ、ホオガシワ 
使用量 (中程度) 1/4 の割 1 〜 2 回 
使用時期(お稽古) 4 〜 6 月  
使用時期(試験) 芽出しの時期〜新緑の時期 
本数 3 〜 4 本 
葉、枝 100 〜 120cm 
特徴 枝はためが効かないので、枝ぶりをよく吟味して新芽の少し開きだした新緑の頃に主材として使える。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (少ない) 1/5 クラス年 1 回 立華 花展 
使用時期(試験) 3 〜 5 月  
本数 任意 
特徴 古 

生産者情報

産地名 地域
黒沢屋 黒沢充雄 埼玉県秩父郡小鹿野町
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
hoonoki.pdf
PDFファイル 550.3 KB