マツ

Pinus spp.  マ ツ 科

池坊

使用量

(中程度)

使用時期(お稽古) 通年。特にお正月の行事の花として一般の稽古では使われる 
特徴 老松などの枝は上級の生徒にとっては「立花」で通年使用する。一般の生徒は若松根引き松、大王松などを「自由花」で正月花として使用する程度である。 

小原流

この流派でよく使う種類 若松 
使用量 (中程度) 全 1 〜 3 回 
使用時期(お稽古) 正月花時 冬期 
使用時期(試験) 周年 
本数 1 〜 3 本 
葉、枝 70 〜 90cm 
特徴 栽培品で多くはクロマツ。直線的な伸び上る姿が特徴。下段に枝分かれがあり、その部分も直線的である。 
この流派でよく使う種類 根引松 
使用量

(少ない) 1/20 0 〜 1 回

使用時期(お稽古) 冬期(正月花時)
本数 2 〜 3 本 
葉、枝 50 〜 60cm
特徴 クロマツを根ごと引き抜いたものを根引松という。根つきの美しさを見せ、正月花時に向く。
この流派でよく使う種類 五葉松 別名:ヒメコマツ
使用量 (少ない) 1/20の割合 0 〜 1 回
使用時期(お稽古) 周年
本数 1 〜 3 本 
葉、枝 70 〜 100cm
特徴 幹は直立し、枝を張る。葉から  5  本ずつ束になって枝につく。福島県以南の本州、四国九州に自生。
この流派でよく使う種類 瑞光松・三光松
使用量 (少ない) 1/20 の割合 0 〜 1 回
使用時期(お稽古) 正月花時
本数 2 〜 5 本 
葉、枝 70 〜 100cm
特徴 五葉松の園芸品種。瑞光松は詰まった短葉の周囲に長めの葉が囲んでいる。三光松は葉が締まった形でパフのようにまとまっている。
この流派でよく使う種類 大王松
使用量 (少ない) 1/20 の割合 0 〜 1 回
使用時期(お稽古) 正月花時
本数 1 〜 2 本  
葉、枝 50 〜 90cm
特徴 3 葉が束になってつき、葉の長さ 30 〜 50cm にもなり、垂れ下がる姿または広がるような姿が美しい。
この流派でよく使う種類 蛇の目松 別名:翁松
使用量

(中程度)

使用時期(お稽古) 周年 特に正月花時の冬期
本数 2 〜 4 本   
葉、枝 70 〜 90cm
特徴 クロマツの園芸品種で、白色の斑が不規則に入るシラガマツ。斑が葉の根元から入る蛇の目松。
この流派でよく使う種類 小松、赤松、黒松 別名:メマツ、オマツ
使用量 (中程度) 1/2  1 〜 4 回
使用時期(お稽古) 周年
本数 3 〜 5 本    
葉、枝 60 〜 80cm
特徴 海岸の風致景観を表す時にも使い、枝分かれのしまったものが好まれる。

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (中程度) :4/5 クラス年 2 回 :4/5 クラス年 1 回  立華 写真撮影 
使用時期(お稽古) 年末(お正月花として) 
使用時期(試験) 年末(お正月花として) 
本数 :2 〜 3 本 :5 本 
葉、枝 若松 70 〜 80㎝ 大王松 50 〜 60㎝ 
特徴 お正月花として欠かせない花材 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 URLなど 備考
澤口靖 静岡県浜松市 03-3799-5526 (市場)FAJ切花部   12月
黒沢屋 黒沢充雄 埼玉県秩父郡小鹿野町        
丸岡園芸 岡崎久雄 茨城県潮来町 03-3799-5526  (市場)FAJ 切花部     
大峰園芸 大峰渉 茨城県笠間市 03-3799-5526 (市場)FAJ切花部 Facebook

 

大王松
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
matsu.pdf
PDFファイル 607.2 KB