マンリョウ

Ardisia crenata サクラソウ科

池坊

この流派でよく使う種類 (少ない) 使用したこと自体がない 
特徴 お稽古でほぼ使用しない。 

小原流

この流派でよく使う種類 万両 
使用量 (少ない) 1/20 0 〜 1 回 
使用時期(お稽古) 12 〜 2 月 正月花の頃 
使用時期(試験) 12 〜 2 月  
本数 2 〜 3 本 
葉、枝 50 〜 80cm 
特徴 万両は晩秋から実が赤く色づき、上部の葉の下に実を多数下垂してつける。実のこの姿に変化を持たすことが出来ないので、姿なりに使う。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (少ない) 1/5 クラス年 1 回  
使用時期(試験) 冬 
特徴 :テーマによる研究会(試験)にあるかないか。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 備考
鈴木恒雄 茨城県かすみがうら市   11-12月
丸岡園芸 岡崎久雄 茨城県潮来町

03-3799-5526(市場)FAJ切花部

少量
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
manryou.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 550.4 KB