ロウバイ

Chimonanthus praecox    ロウバイ科

池坊

使用量 (少ない) 1/3 が年に 1 度は使用する 
使用時期(お稽古) 流通時期 1 〜 3 月頃 
本数 お稽古で一人あたり、3   本で使用することが多い 
葉、枝 80cm 位 
特徴 枝が折れやすく、初級のものには扱いにくい。 

小原流

この流派でよく使う種類 ロウバイ、クロバナロウバイ、ナンキンウメ、カラウメ
使用量 (少ない) 1/10 の割 1 回 
使用時期(お稽古) 冬期 
使用時期(試験) 12 〜 2 月  
特徴 ロウバイの名は蝋細工のような花という意味を持ち、淡黄色の花で芳香を漂わせる。花はやや下向きに咲く。枝は矯めが効かない。花つきが多すぎると風情がなくなるので少し間引くと良い。クロバナロウバイは鮮緑色の葉があっての渋い美しさが魅力。枝ぶりは単調。 

龍生派

*龍生派ではは古典花、は自由花を指します。

使用量 (少ない) 1/5 クラス年 1 回  写真撮影 
使用時期(試験) 12 〜 2 月  
本数 任意 
特徴 :テーマによる研究会(試験)で使われる。 

生産者情報

産地名 地域 連絡先 担当 備考
北見一男 千葉県南房総市     12-2月
黒沢屋 黒沢充雄 埼玉県秩父郡小鹿野町      
両神花卉生産組合 埼玉県秩父郡小鹿野町両神 03-3799-5526 (市場)FAJ切花部  
酒井園芸・酒井規之  千葉県印西市  03-3799-5526  (市場)FAJ切花部  
ダウンロード
このページのPDFがダウンロードできます。
roubai.pdf
PDFファイル 583.1 KB